ITにおいてセキュリティ管理は最も重要視すべき事

生産性向上

セキュリティ管理

ファイル

セキュリティ管理の重要性

企業の多くでは個人情報や資産データなどの共有ファイルをいくつも扱っています。しかし、こうしたデータは外部から狙われている可能性もあるので情報漏えいを防ぐためにもセキュリティ管理は重要になるのです。

セキュリティ管理の段階

セキュリティ管理にはいくつかの段階があります。ネットワーク管理や端末の状況把握、外部に情報が漏れていないかの確認、ウィルスなどを防ぐための施策などです。セキュリティ管理といってもこれだけ多くの取り組みを行っているのです。

外部だけでなく内部からも管理

情報漏えいは外部からの攻撃で起きるものではありません。違法業者に情報を漏らして報酬を貰うような関係者もいるので、内部からの管理もしっかりと行わなければいけないのです。

システムで管理することで

人を使ってセキュリティ管理するのも有効的ですが、それには人件費などのコストが発生します。しかしシステムを導入すればこうしたコストを削減することが可能になり生産性も向上します。

気をつけておくべきサイバー攻撃

外部からの不正アクセス・ハッキング

不正アクセスは管理者以外の第三者が不正に侵入することを指します。不具合や情報漏れから侵入されてしまうことが多いため、定期的なメンテナンスや情報管理をしっかりと行いましょう。

特定の人物・企業を狙った標的型攻撃

特定の企業、人物にターゲットを絞る標的型攻撃は大きな企業であったり、国家の機密情報を狙って行われることが多いです。また遠隔操作やシステム内部への侵入などの高度な攻撃を仕掛けてくることがあります。

作業に支障が出るDoS攻撃

DoS攻撃はパソコンやスマートフォンなどのネットワークが利用できる通信機器に対して膨大なデータを送りつけ、正常な動きをさせないようにします。あらかじめ大量のデータを受信しないようにしておけば防ぐことが可能です。

スマートフォンでも多いフィッシング

フィッシングはあたかもまともなサイトに見せかけて、アクセスしようとした方々の情報を詐取する手口になっています。最近では大手企業に見せかけたフィッシングも多発しているので注意しましょう。

IT以外でも被害が多いなりすまし

なりすましの被害はIT以外でも多発しています。その人になりすまして個人情報を盗んだり悪用することになりますが、詐欺被害でもこうしたなりすましが行われているのです。

会社用のパソコンと自宅用は分ける

会社用のパソコンのIDを自宅のパソコンで利用すると、セキュリティの差で自宅用のパソコンから情報が漏れてしまう可能性があります。なるべくは会社用と自宅用を分けて使用するようにしましょう。

セキュリティに関する悩み・疑問

セキュリティ対策って本当に必要?

多くの情報が存在しているネットワークではセキュリティ対策を行わないと簡単に情報が漏れてしまうことがあります。漏れた情報は本人にとって重要なものになるので備えておいても損はしません。

無料で配布されてるセキュリティは安全?

無料で配布されてるセキュリティは一概に安全とは言えません。判断基準としては提供元がきちんとしているか、評判はどうなのか、といった情報を調べて見るといいでしょう。

セキュリティソフトの使い方がわからない

セキュリティソフトの使い方は各提供元に確認してみましょう。また、パソコンやスマートフォンにソフトを取り込むだけで自動的に作動するソフトもあるので、操作の必要がないこともあります。

ソフトの更新ってどうしたらいいですか?

ソフトの更新が近づくと自動的にポップアップでお知らせしてくれる場合があります。また各セキュリティソフトのヘルプや設定に更新日が記載されていることが多いです。

ウィルスに感染しちゃった場合の対策は?

情報を抜き取られないようにパソコンとネットの接続を絶ちましょう。その後にウィルス診断や対策ソフトを利用して除去していきます。不安であれば専門業者に相談する方法もあります。

広告募集中