ファイル共有は仕事の生産性を上げることが可能

生産性向上

ファイル共有とは

PC操作

個人で管理するデータ以外

自分自身の業務に関する資料やデータはほとんど個人で管理しています。しかしそれ以外の連絡用データや報告書などの資料は自分の業務と関係がないことも多く、それをまとめる時間が惜しく感じる方もいるのです。

生産性を落とさないために

個人の業務外のデータや資料に関してはファイル共有を使用しましょう。ファイル共有では一つしかないデータを各社員に共有する事が出来るファイルになります。必要なデータのみをコピーすることが出来るので利便性が良いです。

ファイル共有の活用法

ファイル共有できるファイルを作っておき、会議で使う資料やデータをその場所に保存しておけばデータの転送や資料探しの手間が省けます。また重要なデータを役員で共有することも出来ます。

共有されるデータはどこにあるのか

フォルダ共有を行う場合、元データがどこにあるのかを知っておくことは重要です。クラウド型のフォルダ共有ならサーバー上に、ローカル管理型の場合なら初めに保存したフォルダやデータ保存媒体に保存されています。

【PR】
ファイル共有システムで楽々業務♪
セキュリティも万全。安心できるサービス。

クラウドとローカルの違い

よくデータの保存先にクラウドとローカルという場所が指定されることがありますが、クラウドというのはインターネットのサーバー上にある保存場所になっていて、ローカルはパソコンの保存領域になっています。